リサイクルのおおまかな仕組みとは

リサイクルのおおまかな仕組みとは

リサイクルの意識は一人ひとりが意識して取り組めば資源の確保に繋がります。日本は小異資源の国なのでその限りある資源を有効活用することは必要不可欠です。不用品回収し、その中から再利用やエネルギーになるものを分別しリサイクルに役立てようという考えが必要です。そういったことからリサイクルが各自治体をはじめ、取り組んでいますが、その大まかな仕組みについて紹介していきましょう。

私たちは地球に生まれ、その地球の資源を享受しています。石炭や石油などの鉱物資源などです。最近ではアメリカのシェール革命といわれる頁岩(シェール)層から採取される天然ガスが話題となっています。あるいは自然のパワーである太陽熱や水力などをエネルギーに変換し、エネルギーとして活用しています。

また、石油などから石油化学製品が生まれ、プラスチックやビニールなど、様々な製品の素材として提供されています。このようなエネルギーや製品を人間が消費し、都市部を中心に資源化(不用品回収)されます。この資源は地中に処分したり、リサイクル再資源化として循環していきます。主な製品類は都市ゴミ、家電製品、OA機器、鉛やバッテリー、廃タイヤ、下水汚泥などです。これらを資源循環型社会と呼んでいます。最近ではレアアースと呼ばれる金属が世界的に希少価値が高まり、関心を集めています。
このような循環型の仕組みが地球規模で行われているのです。

Copyright(C) リサイクルのための不用品回収とは All Rights Reserved.