回収した不用品をリサイクルする課題は

回収した不用品をリサイクルする課題は

今の時代は景気の低迷を受け、節約していく時代となっています。そして不用品を回収するなどといったリサイクルの時代でもあるのです。ではこのリサイクルとはどのような意味合いを持っているのでしょうか。

リサイクル( recycle)という英語は再循環という意味を指すそうです。実質的なリサイクルとは、資源の節約や環境を守ることを目的とした汚染防止など、不用品や廃物を再生して利用することだといわれています。一度使ったものをそのまま再使用するというリユースではなく、原料のレベルにまで戻して使えるものを再利用するということになります。例えばペットボトルなどはハンガーやジャージ、手袋などの衣料品やペンや定規などの文房具に生まれ変わっているのです。

また、このリサイクルは資源再生や再資源化、再生利用、再生資源化などと呼ばれてもいます。
これらのリサイクルは大きく2つに分けられています。素材として再利用を目的とするケミカル/マテリアルリサイクルと、エネルギーの熱源として再利用されるサーマルリサイクルになります。

このケミカル/マテリアルリサイクルは不用品回収後、一旦原料のレベルに分解しなければならず、そのため焼却などの処分以上にコストがかかるケースもあり、場合によっては赤字になるということがあり、その点についてはこれから考えていくべき課題となっています。今後もよりよいリサイクルを目指していきたいですね。

    Copyright(C) リサイクルのための不用品回収とは All Rights Reserved.