リサイクルはなぜ必要?

リサイクルはなぜ必要?

私たちの日常生活において様々な不要なものが生まれてきます。生ゴミから包装紙、ペットボトルの容器など、不要となったものはその市町村自治体が指定する日にゴミステーションなどに分別して出します。今ではそれが当たり前のようになっていますが、それまでは近くの河川などに生活排水が流れ、環境汚染などの問題が発生してきました。古新聞などは不用品回収業者などが回収していましたが、その他のプラスチック製品などは一般のゴミと一緒に捨てられていたのです。

リサイクルのためのごみの分別をきっかけに使い捨て型の消費を見直し、資源・エネルギーの無駄使いを減らしていくことがより大切です。しかも大量消費時代がつくった生産と消費を繰り返すといったことから大量のゴミが発生。
そのゴミを焼却するためのエネルギーと温室効果ガスなどの影響によりエネルギー消費と地球温暖化などの環境汚染を生んできたのです。しかも国内だけではなく、地球に住む人全ての人たちの大きな問題となり、地球エコの考え方が普及し始めました。これにより、限られた資源を有効活用し、地球そのものもクリーンにしていこうという活動が生まれました。それがリサイクルの必要性に繋がったのです。

資源を無駄に捨てるのではなく、循環型のシステムを構築することでゴミを減らし、多くの資源を節約する生活へと変化をしてきています。大量生産・大量消費といった物質的に豊かな生活をすることがほんとの豊かさではないということを今後はみんなで理解していく必要があるのですね。
この増え続けてきたゴミを環境に悪影響を及ぼさないように処理していくとともに、リサイクルの意識を持ち続け、エコな生活を送っていくようにしたいですね。

    Copyright(C) リサイクルのための不用品回収とは All Rights Reserved.