適正な不用品回収業者とは

適正な不用品回収業者とは

自宅にあるもう使うことのないステレオなどの電化製品や、テーブルなどの不用品を処分したいと思ったことはありませんか?。このような場合、どのように処分すればよいのでしょうか?それにはいくつかの方法があるようです。まずあなたが住んでいる自治体の条例に沿って処分する方法です。

それから年に数回、その自治体が協力し、自治会が主体となって回収する日を定めて持ち込み処分する方法があります。これは地区の公民館の駐車場などに可燃物や不燃物として分けたものを持ち込んで処分してもらう方法です。その場には一般廃棄物の許可を得た不用品回収業者が来て、同時にトラックに積み込みを行っています。

この不用品回収業者ですが、不用品回収を依頼する場合、リサイクル業者としてその適正なもとで業務を行っているのかがポイントになります。それは不用品回収業者の中には違法で行っている業者があるからです。
例えば軽トラック出回り、スピーカーで呼びかけたり、各家庭のポストに不用品回収のチラシが投函してある業者などは無許可で行っている可能性があります。これらの業者は全てがそうだとは言えませんが、市町村の許可を受けずに廃家電などの廃棄物の回収を無許可で行っている可能性が高いのです。

これらの業者は環境への対策を講じることなく廃家電の処理をするのでフロンなどの有害物質が大気中に放出され、環境汚染の引き金となります。また、輸出業者に渡り、海外での不正処理にも繋がっているのです。このような業者のチラシには古物商許可や産業廃棄物許可などを謳っていますが、家庭での廃棄物を回収するためには一般廃棄物収集運搬業許可が必要となります。この許可は簡単に取得できるものでは無く、各自治体でも限られた数の業者しか存在しないようになっています。ですので、いらなくなった電化製品などは、正しく処理をする業者に依頼して、リサイクルしたいですね。

    Copyright(C) リサイクルのための不用品回収とは All Rights Reserved.